catch-img

データでチームは強くなる

近年のHR Techの隆盛とDX化の波は企業において「集団から個へ」のマネジメントを実現させたといわれています。しかし、本当に「一人ひとり」に届いているのだろうか?経営層・リーダー層の試行錯誤は続いています。

当然ながら「個人」は一人ひとりが異なる個性と価値観をもって人生を送っています。
ライフワークバランスの具合も人それぞれであり、切り分ける人、内包する人…。
コロナ禍を経て仕事への向き合い方や働き方そのものにも変化の兆しが見えています。

企業の機動力である「人」をいかに理解し、さらにその理解に基づき活気をもたらすか。
マネジメントにおけるデータの利活用は進んできたと言いますが、いまだ断片的であり、
データを基に人を理解し、人のクリエイティビティを用いて仮説を構築する力が改めて問われています。

性別や年代、役職の有無といった属性分類だけでなく、
真に一人ひとりの「個」み向き合うマネジメントを実現させることで
働く人と企業に最大の効果を生み出すデータドリブンマネジメントをご提供すべく
ビジネスコミュニケーションデザイングループは今年も皆様のお役に立てるよう取り組んで参ります。

石川リエ
石川リエ

組織分析研究所所長 ロジック・ブレイン認定パートナー ロジック・ブレイントレーニングパートナー 今まで30を越えるチームの分析を行い、その結果と今後の施策案をご提案。