N教育

限られた人材の中で、いかに
社内の人間関係を改善していくかが課題でした

導入の目的 社内の活性化・一体感を醸成するために有効なツールだと感じた
導入の決め手 入社「前」に会社にマッチした人材かどうかを把握できること
得られた効果 人間関係構築のための負担・ストレス軽減

有限会社N教育

有限会社 N教育は、主に「なかざわ・塾」(小・中・高校生対象)と外国人講師による「英語スクールアニー」(幼児〜社会人対象)を展開している会社です。愛知県で、地域の人々とグローバルを結ぶ架け橋として、年々業績を伸ばしてきました。 現在では、学習塾・英語スクールの枠を越えて、全国にさまざまな「教育」を届けています。
人材が企業を支える重要な要素と考えたときに、一丸となって取り組んでいくために必要なものを模索されていました。

人材は会社にとって最も必要なもの。
会社が一丸となってやっていくための方法を模索していました

やっぱり会社をやっていく上で、必ず人材というのは必要になってきます。
私も含めて、今いる社員の人たちがうまく一緒に、一丸となってやっていくために、
何かいいツールや良いきっかけがないか、常に模索した中でロジックブレインに会いました。
最初はどんな効果があるか具体的にはわからなかったんですが、取り入れていく中で人間関係を構築していくのにとても良いものだと思い、導入しました。
中澤理1
中澤理2

限られた人数の中で最大の成果を出すために

私たちは中小企業なので、限られた人数の中で仕事を運営していかなければなりません。先輩から後輩、上司から部下への指導の際に、「なぜそれができないんだ」等の不満は日常的に起こります。
後輩や部下が“頑張って”“見習って”良くしていくという【個人の頑張り】だけに頼った育成しか方法がないのか疑問に感じていました。
教える側が、自分流を貫くだけでなく、相手の個性に合わせた声かけ・研修を工夫することで、教わる側のパフォーマンスを引き出し、会社への順応度を高める。
ロジック・ブレインはそれを可能にしてくれました。

企業内だけでなく、
教育の場でも活用できるロジック

リレーションというところで考えると、
中小規模の塾やスクールは特にそうですが、
先生と生徒の相性が悪いから即変える、ということは難しい。
リレーション関係を踏まえた上で、先生が自分のキャラクターを指導する子に合わせてみたり、言葉がけや学ばせ方の工夫、成果の上がる指導方法を意識することは
先生がどんなタイプであれ関係なく可能です。
運用していく中で、こどもたちのためにもなりますし、
先生の負担・ストレス軽減にもなりますし、
ひいては会社の成長にも繋がると考えています。
なかざわ塾

お問い合わせ

LOGIC BRAINに関するご相談・お問い合わせはお気軽に!