成約率が10%上がる!顧客理解の新戦略セミナー

0731top

開催概要

購入履歴・行動履歴がわからなくても導入できる
ビッグデータとAI活用の新「1to1マーケティング」ツール
「売れない」営業マンをなくした秘策とは

One to One マーケティングとは、パーソナライズド・マーケティングとも呼ばれ、
その名の通り個人を対象とし、個人に最適化したマーケティングのアプローチです。

ビジネスや営業活動において最も重要なことは、「顧客のニーズを知り、それを満たすための価値を提供すること」といえますが、
価値観の多様化に伴い、デモグラフィックやジオグラフィックのみのセグメンテーションでは、ニーズを捉えにくくなっています。
そこで、よりリアルな人物像を描きながら、ターゲットが欲するニーズを見つけるために、
お客様の心理面を分析する「サイコグラフィック」「インサイト」に注目が集まっています。

同じ商品を扱っているのに、契約が取れる営業マンと契約が取れない営業マンがいるのはなぜでしょうか。
いろいろ要因があると思いますが、一つ言えるのは、
契約が取れる営業マンは、
「商品」をアピールしたのではなく、
「商品を買う理由」を顧客毎に変えてアピールしているのです。

「希少性」「独自性」「安全性」「お得感」「合理性」。
人が商品を買う理由は様々です。
しかし、人それぞれに異なる「今買う理由」に応えなければ、商談は成立しません。
ロジック・ブレインは行動に直結するサイコグラフィックデータ(性格・価値感・欲求)を使い、
誰もが使えるように分析内容を明文化して使うことが可能です。

このセミナーでは、営業におけるロジック・ブレインの活用方法・導入事例をご紹介し、
皆様の課題解決のヒントをお届けしたいと思っています。

セミナー概要

◆7月31日(金)15時~16時15分
『成約率が10%上がる!顧客理解(1to1マーケティング)の新戦略』


講師:ロジック・ブレインマスタートレーナー 池内浩子・伊瀬知弘子

<開催詳細>

セミナーは「ZOOM開催」となります。
**【Zoomのお願いとご注意点】
・お申込み後、開催前日までにセミナーご参加URLをご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
・セキュリティー対策上、顔出しお名前出しにご協力ください。

お申込みはこちらから